NIPTで陽性結果になった時

NIPTで陽性が出た時の対応法

このサイトでは、NIPTが陽性であった場合に対処に役立つ情報を紹介しています。
検査の結果が出ても、うまく受け止められない人は少なくありません。
落ち込んでいても意味がないので、次に取るべき行動をよく考える必要があります。
そもそも、どれくらい信憑性のある検査なのか把握していないようなケースも多いです。
結果を最大限に活かせるように、非確定的検査や羊水検査も視野に入れながら正しい知識を身につけておきましょう。

NIPTで陽性が出たら考えること

NIPTで陽性が出たら考えること もしNIPTで陽性が出た場合、まず戸惑う気持ちを抑えて冷静になることが求められます。
そのうえで、自分たちに何が必要なのか十分に検討しなければなりません。
胎児にどのような問題があるのか理解することから始め、どうすれば最も円滑に生活を始められるのか考えることが基本になります。
また、NIPTの結果をただ鵜呑みにするスタンスも良くありません。
結果の正当性について確証を得ようとする慎重さが求められます。
ただし、誤りであることを願って、つらい現実から逃れたいという気持ちで行うのは間違いです。
より的確な対処を行える状態にすることが目的となります。
それに必要となる事後的な取り組みが何なのかよく考えるようにしましょう。

NIPTで陽性の結果が出たときの意味と対応

NIPTで陽性の結果が出たときの意味と対応 NIPTは新型出生前診断と言われているものです。
妊娠10週目から実施することができて、母体の採血だけで済むので、胎児に影響を与えないことがメリットとなります。
母体の血液には胎盤から胎児のDNAが流れ込むため、その染色体の数的変化を確認するだけで、染色体異常を発見することが可能です。
その確度は99%と言われていいて、高い精度があります。
ただし染色体異常以外の疾患を調べることができないので、注意が必要です。
NIPTで陽性という結果が出た場合、染色体に異常があることになります。
主にダウン症候群と呼ばれる疾患であり、多くの場合知的障害を発症します。
それ以外にも発達異常や身体的な差異なども見られることがあります。
先天性であり治療方法もないため、生活の仕方を工夫することで、サポートすることが重要になります。
NIPTで陽性となった場合、染色体異常であることは確実と言えます。
ごく稀に偽陽性が出ることもあるので、他の検査をして確認することも重要です。
同じ結果となった時には、生まれてくる子供のために何ができるかを考えてあげましょう。
生活に支障が出るような場合でも、サポートできる体制であれば問題ありません。

NIPTを受けることで赤ちゃんの染色体異常がわかる

妊娠した時に、お腹の中の赤ちゃんが特に異常がなく健康だと良いのですが、稀にそうではないことがあります。
出産する前にNIPTを受けることで、染色体異常があるのかないのかを知ることができます。
妊婦さんが若い方が染色体異常が起こりにくく、高齢出産の場合はその可能性が高くなるので、特に高齢出産の女性が受けることが多いかもしれません。
母体への負担もほとんどありませんから、検査しやすいメリットもあります。
NIPTは妊婦さんの血液を調べるだけで済む検査です。
確定診断ではないものの他の検査方法では、母体の負担が大きくなりますから、流産の危険性がないとは言い切れません。
もちろん、そうならないように気をつけて検査を行いますが、負担があることは確かです。
それに比べて、NIPTは妊婦さんの血液中に含まれている赤ちゃんの遺伝子を調べることで染色体異常があるかどうかがわかります。
しかも、かなり精度が高いので気になる人は受けてみてください。

NIPTでお腹の中の赤ちゃんのDNAを検査する

妊娠したけれど、お腹の中の赤ちゃんの状態が気になっていませんか。
NIPTであれば、血液だけで検査をすることができますので、母体への負担がとても軽くて済みます。
しかも、精度がとても高いので受けやすいかもしれません。
他の方法の場合は、母体への負担があることが多いです。
だから、まずはNIPTを受けることが当たり前となっています。
妊婦さんの血液中には、赤ちゃんの断片的なDNAが含まれています。
これを調べることで染色体異常があるのかないのかがわかるので、血液だけで十分です。
採血をするだけで済みますので、短時間で済むのもメリットです。
妊婦さんの中にも忙しい人はいるでしょうから、そう言う人も受けやすいでしょう。
30歳以上の人が受けた際の陰性の精度はかなり高いと言われています。
ただし、陽性と判定された場合は念のためにその後に羊水検査などを受けて結果を確定させなくてはなりません。
陰性の場合はそれ以上調べなくて済みます。

NIPTはお腹の中の赤ちゃんの染色体異常を調べられる

妊娠したのは良いけれど、必ずしもお腹の中の赤ちゃんが何も障害を持っていないとは言い切れません。特に高齢出産の女性はダウン症などを持っている赤ちゃんを出産する割合が高いと言われています。今は、高齢出産が当たり前と言っても良いかもしれない時代です。お腹の中の赤ちゃんがどのような状態なのかを知るためにも、出産する前にNIPTを受けておきたいと思っていませんか。
NIPTは、妊婦さんの血液を調べて胎児の染色体異常を調べることができます。これまではお腹に針を刺すなどしないといけない羊水検査などしかありませんでしたが、今では採血だけで済むNIPTがあるために検査を受けやすくなりました。
陰性の場合は特に問題はありませんが、もしも、陽性と言われた場合はその後に確定診断を受けてください。血液だけで受けられるのは手軽ですが、NIPTは確定診断ではないので羊水検査などを受けて本当に陽性かを確かめる必要があります。

妊婦さんの血液を調べるNIPTは確定診断ではありません

妊婦さんの中には、お腹の中の赤ちゃんがダウン症などではないかと不安に思っている人もいます。特に、高齢出産であったりこれまでダウン症などの子供を妊娠・出産しているならなおさらです。今では、妊婦さんの血液だけで胎児を調べることができるNIPTがあります。検査の対象者が決まってはいるものの、これなら妊婦さんの体の負担が少なくて済むので良いのですが、この検査は確定診断ではありません。
陰性と出た場合はほぼ正確なので良いのですが、もしも陽性と言われた場合は確定診断を受ける必要があります。NIPTは陽性の場合は精度が下がってしまうためです。
だから、羊水検査など妊婦さんの体への負担がより大きい検査を受ける必要があります。もちろん、安全に検査を行いますがNIPTと比べると妊婦さんの体には負担がかかります。結果が陰性の場合は羊水検査などを受けなくて良いのですが、結果が陽性だった場合はNIPT以外の検査が必要です。

新型出生前診断NIPTを受信するタイミング

私たちは結婚をして、子供を育てるということが生物の一つの役割です。ある意味で子孫を残すということは私たちにとって大重要な役目となります。ただ、生まれてくる子供が健やかな状態であるかということは、その子供が誕生してその後の人生を送る上において苦労をするのではということの観点からも考えを巡らす必要があります。大きな一つの問題点は、遺伝子異常などによる病気の発生です。生まれてくる子供が、このような症状を持って人生を送ることは忍びないと考える夫婦もいます。 そのようなことから、出産におけるスクリーニングの一つに新型出生前診断NIPTがあります。妊娠をした段階で母親の遺伝子を調べることにより、問題となる症状があるかどうかを明らかにするものです。非侵襲であり、体に影響を及ぼさない検査ですので気軽に行うことができます。そのタイミングはできるだけ早い時期が良いのですが、新型出生前診断NIPTは、妊娠10週以降から受けることが可能です。この段階で問題があるかどうかを明らかにして、出産を行うかどうかについての決断を行う必要があります。

NIPTを受ける人の割合はどの程度なのか

NIPTは、出産前診断という最新診断方式で、簡単な血液採取から生まれてくる赤ちゃんの染色体異常からくるペナルティなどを事前に知ることができるようになりました。そのNIPTを受ける人の割合は、広義の意味ではほぼ100パーセントとされています。たとえば妊婦さんの検査で必ず行われるエコー検査もNIPTに入っているためで、このような簡易的な検査を含めるのであればほぼ全員が受けていることになります。一方で、医療費控除にならない染色体検査などを受ける人の割合は約7パーセントから8パーセント前後となっており、まだ受診する人は全体からすれば低いレベルにとどまっていると言えるでしょう。特徴的なのは受けている人の年齢で高齢妊娠の枠に入っている人は25パーセントとなっており、この割合が年々増加している点です。これは日本の出産平均年齢が高くなっていることが要因とされており、また高額な費用を払う余裕がある世代が利用しているためでもあります。

NIPTの倫理的問題点とそれを指摘する人の考え

新型出生前診断、略してNIPTの倫理的な問題を指摘する声があります。日本ではそれほど大きな議論とはなりませんが、海外では妊娠中絶自体が議論の的となります。胎児であっても命であり、妊娠中絶は殺人だと考える人が多いのです。 NIPTを受ける最大の目的は、ダウン症を早い段階で発見することです。染色体の異常がわかれば、生むとしても事前に準備をして迎えることが可能になります。しかし親が障害を持った子供を受け入れるつもりがなければ、堕胎をすることになります。日本の法律では妊娠22週未満まで堕ろすことが可能になっています。 これが命の選別である、というのが倫理的な問題を指摘する声です。人間は誰でも長所と短所があり、後天的に変えられないものもあります。それを受け入れることなく、障害が判明した時点で命を絶つ行為を問題と考えているのです。現在の日本ではNIPTを受けるか否かは個人の選択です。染色体異常があったときに迫られる選択について、事前に考えを深めておくのが賢明です。

NIPTの費用は検査の仕方によって異なる

NIPTは新型出産前診断として次世代検査方法が日本でも取り入れられており、お腹にいる赤ちゃんが遺伝子的な症状やペナルティを負うかどうかを事前に調べておける診断です。NIPTの費用は検査の仕方によって異なるのが特徴で、一般的に3パターンに分けることができます。まず代表的な染色体のみを選択して行う検査及び性染色体では165000円となっています。次にすべての染色体を検査するために必要な料金は176000円とされており、先述の選択検査とあまり金額が変わらないことから最も選ばれる診断方法です。最後に全染色体および微小欠失検査は198000円となっており、赤ちゃんが生まれてくる前に知ることができる最大限の情報を調べることが可能となっています。注意しておきたい点は、このNIPTは医療費控除の対象になっていないというもので、全額が患者の負担となるためチェックしておきたいものはできるだけ選択するようにしましょう。

医師への相談が重要な新型出生前診断NIPTについて

NIPTは新型出生前診断で、母体から採血した血液から胎児の染色体の異常を調べる検査です。この検査からダウン症候群やエドワーズ症候群、パトウ症候群などがわかります。NIPTはスクリーニング検査で検査結果に明確な答えがでるものではなく、疾患のリスクが高いか低いかを判断します。主な特徴は胎児へのリスクがないことと、妊娠周期10週0日目から検査ができることです。羊水検査では300分の1、絨毛検査では100分の1流産などのリスクがありますがNIPTは母体の血液から調べるので流産のリスクがありません。また、母体血清マーカーやコンバインド検査などでは早くても妊娠11週以降ではないと受けられませんでしたが、この検査では妊娠10週目0日目から受けられ胎児の状態を早く知ることができます。NIPTはこのほかにも胎児の性別を知ることができ、疾患のリスクや性別を事前に知るということが、倫理観的にどうなのかという意見があるのも事実です。この検査を受ける際には、かかりつけの医師などによく相談することが重要になります。

NIPTの参考サイト

NIPT 愛知